So-net無料ブログ作成

「米国では代替肉の市場規模が10年以内に10兆円超える予想!」 [食]

 米国では今、代替肉の市場規模が
拡大しており、この10年以内に10兆円
を超える予想しているそうだ!
 なぜこんなにも代替肉が米国で人気
となり、市場規模が拡大しているのか!
 そのカラクリとは!




スポンサードリンク


 



 ◎「米国の広がる代替肉マーケットとは!」
 
 米国のハンバーガーチェーン店
大手のバガーキングが先日、米国
7000店舗で植物由来の代替肉を
使ったハンバーガーの販売を始めた
そうだ

 今度どれだけ代替肉市場規模が
拡大するのか米国・英国の金融機関
が予想を発表したそうだ

*バーグレイズ=1400億ドル
_約14兆8000億円_10年以内

*JPモルガンチェーズ=1000億ドル
_約10兆5000億円_15年以内

 この10~15年以内に10兆円以上
超える市場規模になるのではないか
と予想をしている!


 ◎「有名人が代替肉を扱う企業を応援!」

 現在米国では、代替肉を取り扱って
いる企業に対して有名人などが関心を
もっており応援する傾向があるそうだ

 例えば、俳優・レオナルド・ディカプリオ
やマイクロソフト・ビル・ゲイツや、歌手・
ケイティ・ペリーやテニスプレイヤー・
セリーナ・ウィリアムズなどが、投資し
オンラインで宣伝をしていることで、
それで代替肉の意識が盛り上がって
いるようである!


 ◎「30年後には代替肉がメイン肉となる!」

 米国では今こうした代替肉への関心
が盛り上がっており、おそらく30年後
には代替肉がメインの肉なっている
かもしれない

 また、大手食肉メーカーも代替肉
に参入しているそうだ

 タイソン・フーズは植物由来の
ナゲット、またパーデューフーズは、
豆腐と植物性たんぱく質をブレンド
した冷凍ナゲットを販売している

 一見、ライバルかと思えば、逆に
むしろ代替肉にチカラを入れている
ようだ!

 
 ◎「代替肉が好む人が増加中の背景には!」

 こうした代替肉が人気となった
のは、健康志向のアップや宗教上
の理由で急増したこともあるようだ

 一方では、肉の代わりに代替肉
を使うことで、環境を守るもとも
できるようだ

 例えば、温室効果ガス_90%減、
水不足への影響_99%減、
電力消費_46%減、土地の使用
面積_93%減など、牛肉の代わりに
代替肉を使うだけで、これだけ環境に
やさしくなるそうだ

 牛1頭育てることがどれだけ大変な
ことなのか、さらに地球に大きな負担を
かけていることもよくわかるのではない
だろうか!





スポンサードリンク








タグ:代替肉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。