So-net無料ブログ作成

「入場料1500円で最高の読書空間が楽しめる書店が登場!」 [アイディア]

 電子書籍が普及し、町の書店
がどんどんと姿を消している!
 そんな中で最高の読書空間が
楽しめる書店が登場したようだ!
 しかも入場料が1500円がいる
書店だというのに今では大人気店
となっているそうだ!
 入場料を支払ってまで行きたい
最高の書店とは!




スポンサードリンク


 


 ◎「最高の読書空間の書店とは!」

 書店に入るのに1500円かかる
という新たなスタイルの書店に
今注目が集まっているようだ

 東京・六本木駅から徒歩1分
のところにもともと青山ブックセンター
があった場所に「文喫」という
書店がオープンした

 一見フツーの書店のように見えるが
店内には、無料エリアと有料エリアが
2つある書店となっている

 この有料エリアに入るには入場料が
1500円かかるそうだ
 
 現在、この「文喫」が最高の読書空間
が体験できると行列ができる人気スポット
となっているようだ!


 ◎「有料の“文喫”書店の魅力とは!」

 わざわざ入場料1500円支払って
入る書店「文喫」の特徴は、なんと
いってもズラリと並ぶ約3万冊の書籍
と雑誌を自由に好きなだけ読んだり
して楽しむことができるようだ

 営業時間は午前9時~午後11時まで
滞在時間の制限は一切なしで、
何時間でもいてもかまわないそうだ

 煎茶やコーヒーなどは無料で飲める
サービスがあり、またカンタンな軽食
も食べることができるので長居をしても
全く困らないようだ

 さらに「文喫」の最大のウリは、本の
ライナップであり、文喫のスタッフが
プロの目で選んだ本ばかりがズラリと
ピックアップされているそうだ!


 ◎「“文喫”をオープンするキッカケとは!」

 この「文喫」を手掛けているのは、
出版取次店の日本出版販売である

 「文喫」をオープンする背景には
日本の書店の危機感をなんとかしたい
思いがあったそうだ

 2000年頃は全国に書店が2万店
以上あったものが、今では出版不況
や電子書籍の普及により、現在は
1万1446店舗と半分以下に激減して
いる状態になっている

 なんとか書店が1から0にならない
ようにするために、本をどんな形でも
いいから、お客さんに手にとってほしい
ことから有料での「文喫」をオープン
させたようだ

 「文喫」は、最高の読書と空間が
用意されているので、そこで新たな本
との出会いや発見がするキッカケと
なる場所になればいいなという思いが
あるそうだ

 まだまだ有料書店は、馴染みが
薄いけれども、今後こうした文化も
徐々に増えてゆけば、本への関心も
深まっていくのではないだろうか!




スポンサードリンク




 

タグ:有料
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。