So-net無料ブログ作成

「淡路島産タマネギで人生を変えたタマネギ長者とは!」 [食べ物]

 淡路島と言えばブランドタマネギ
の生産として有名でタマネギ王国とも
言われている!
 そんな中でタマネギで人生を
変えたタマネギ長者もいるそうだ!
 一攫千金ができる淡路島産の
タマネギとは、他の産地タマネギと
何が違うのか!そのカラクリとは!




スポンサードリンク


 



 ◎「淡路島産タマネギでタマネギ長者に!」

 兵庫・南あわじ市に2525ファーム
を運営しているのが、若手の玉ねぎ
農家・迫田瞬さんで、現在「蜜玉」
というブランドタマネギを百貨店
や道の駅などで販売し今やタマネギ
長者で成功をしているそうだ

 淡路島産タマネギだけで年間売上
が5000~6000万円超えもあるようだ

 この「蜜玉」のおすすめの
食べ方はシンプルに十字に切れ目
を入れてラップで巻き、約6分間
レンジでチンするだけで、絶品
タマネギ料理の逸品となるそうだ

 さらにポン酢やかつお節なども
かけて食べるとさらに美味しさが
増すようだ!


 ◎「淡路島産タマネギにハマる!」

 迫田さんがタマネギ農家を
始めたのは今から7年ほど前で、
もともとはラーメン屋で店長を
していたそうだ

 たまたま淡路島に行って淡路島産
のタマネギを買って使ってみたら
スープにコクや旨味が出て、改めて
淡路島のタマネギのスゴさに感銘を
受けて、そこからさらに美味しい
タマネギを作ろうとタマネギ農家に
なったそうである

 ココロを動かす淡路島産のタマネギ
はナニが違うのか!


 ◎「他の産地とナニが違うのか!」

 南あわじ市の三原平野は、タマネギ
産地のメッカとして有名なところで
ある

 もともとココは海底が隆起して
できた陸地のため砂が多い土壌で、
水はけがよく、そのため作物は根を
張りやすく育ちやすいそうだ

 さらに牛の堆肥を入れることで
肥料の持ちもよくなりタマネギに
とって最適な水分量を保つことが
できるようだ

 そのため淡路島のタマネギは育ち
やすく高品質の良いものが生産できる
というワケである!


 ◎「淡路島産の特有の甘みの秘密とは!」

 淡路島産タマネギが、非常に
甘みがあるのは、実は収穫後の
吊るし小屋で貯蔵する作業を
行っているからである

 淡路島は周囲を海に囲まれて
いるので、常に風が吹いているおり、
タマネギの自然乾燥をさせるには
適した環境にある

 タマネギを吊って外で自然乾燥
させる方が、糖分がより多くなる
そうである

 さらにタマネギは太陽光を浴びる
と実を守るためにケルセチンや
グルコースなどの成分を作り出して
いる

 このグルコースが淡路島のタマネギ
の甘み成分を元を生み出している

 昔からの伝統的な貯蔵方法が、
淡路島産のタマネギを絶品の甘さに
してくれていたようだ

 また、他のタマネギ産地の生産者
たちが、わざわざ淡路島までやって
きて栽培方法を教わりにやってくる
こともあるそうだ!

 


スポンサードリンク




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。