So-net無料ブログ作成

「記録的な日照不足でスイカよりメロンが売れているワケ!」 [スキル]

 関東地方では梅雨空が続き、
東京都心では日照不足が31年
ぶりに記録更新したそうだ!
 スーパーでも今年は異変があり
売れ筋がスイカよりもメロンがよく
売れているそうだ!
 この異常気象で各方面に影響
が広がっているようだ!



スポンサードリンク


 

 ◎「天候不良でスーパーでの売れ筋に異変!」

 東京都心では、日照時間が3時間
未満が6月27日~7月15日まで、
19日連続しており、1988年以来31年
ぶりに記録を更新したそうである

 この梅雨空が続き天候不良の影響
でスーパーでの売れ筋商品にも異変が
起きているようだ

 冷しゃぶ用の肉やそうめんなど夏場
によく売れる商品が不調である

 そのため売り場のレイアウトも変更
しているそうである

 例年ならば気温が30度を超える
売り場のメインは圧倒的にスイカとなる
が、今年は気温が20度台になると
よく売れるのがメトンになるようだ

 これまでの経験からすると30度以下
なら水分量の多いスイカよりも甘みの
強いメロンがよく売れていたそうだ!


 ◎「“売りドキ!予測”のサービスが登場!」

 一方で、経験値やカンに頼らずに
気象データーをフル活用するサービスが
日本気象協会から登場したようだ

 この「売りドキ!予測」というサービス
とは、過去の気象データーや売り上げ
データーなど分析し、お天気予報に
応じておよそ550品目の商品をピック
アップしており、一週間先までの
売りドキ!需要予測ができるように
なっているそうだ

 例えば、今週の東京は雨が多いため
客足が鈍り、野菜やくだものに関しては
「やや不調!」という表示が出る

 また、気温が上がり始めると
清涼飲料などが「やや売りドキ!」だと
いう表示される、AIによる売りドキ予測
サービスといったところである!

 ちなみに利用料金は、スタンダード
タイプが月額7万円税込みとなっている!


 ◎「売りドキ!予測のメリットとは!」

 こうした「売りドキ!予測」サービスを
活用すると発注ミスや売り上げ機会ロス
の削減にも繋がることができる

 売れ筋を予測できることで、売れない
商品を売れる商品を代替することで
お店の売り上げにも大きな影響がでて
来るのではないだろうか!




スポンサードリンク




 
 

タグ:気象情報
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。