So-net無料ブログ作成

「廃校を活用した“廃校の宿”が人気となっているワケ!」 [ニッチ]

 ある新聞社の調査で「廃校の宿
ランキング」があったそうだ!
 第1位になったのは和歌山県
田辺市にある「上秋津ガルテン」と
いうお宿であり、なんと年間約7万人
もの観光客がやって来るようになった
ようである!
 そんな今廃校を再び活用したビジネス
が注目を集めている!
 なぜ廃校を活用したお宿がそんなに
人を引きつけるのか!そのカラクリとは!




スポンサードリンク


 



 ◎「廃校の宿ランキング第1位の魅力!」

 ある新聞社の調査で
「廃校の宿ランキング」があり、
堂々第1位に輝いたのが、2006年に
廃校になった和歌山県田辺市の
上秋津地区にある旧上秋津小学校を
再活用した「上秋津ガルテン」という
宿泊施設である

 ここは山間の町で静かな雰囲気
のよいロケーションであることから
外国人観光客が数多く訪れるようで
ある

 また、人気ランチバイキングを
目当てに大勢のお客さんも連日やって
くるようだ!
 

 ◎「経済効果は年間10億円超え!」

 ここ上秋津地区の人口は、たった
約3100人に対して、訪れる来客数は
20倍の年間約7万人が訪れるように
なったそうだ

 さらに一緒に運営している「直営所
きてら」などを合わせると地域全体での
経済効果は年間10億円にも登るようだ

 こうしたうまく廃校を再活用する
ことで町は再び活気が戻った成功した
事例である!


 ◎「少子化の影響で毎年約500が廃校に!」

 毎年、卒業シーズンを迎える
たびに少子化の影響で日本全国で
約500校ずつペースで廃校(小中高)
しているそうだ

 文科省では、このことを重く
受け止めて全国の廃校情報を集約
して企業や事業者と地域を繋げる
取り組みとして、9年前の2010年に
「みんなの廃校プロジェクト」を
発足している

 和歌山・上秋津地区の旧上秋津
小学校を活用して「上秋津ガルテン」
の宿泊施設し成功した事例もある
ことから、今後はこうした廃校を
活用した新たなビジネスチャンスが
生まれて来るのではないだろうか!




スポンサードリンク




 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。