So-net無料ブログ作成

「28年ぶり新サイズ牛丼“超特盛”以降吉野家は業績が回復へ!」 [マジ]

 今年、吉野家は創業から120年を
向かえるようである!
 今年3月に28年ぶりに新サイズ
牛丼「超特盛」を販売開始以降
業績が赤字から黒字へと回復した
ようである!
 そんな今大人気の「超特盛」を
支える要因とその魅力とは!




スポンサードリンク


 


 
 ◎「吉野家の“超特盛”牛丼とは!」

 吉野家の原点回帰となる「超特盛」
780円税込みは、今年3月に販売して
以降絶好調で業績を一気に立て直す
ような大ヒット商品となっている

 この「超特盛」は発売したひと月で、
当初予想していた2倍の100万食以上
も売り上げたそうだ

 今回の「超特盛」は吉野家としては
28年ぶりに新サイズ牛丼を市場に投入
したようであるが、とにかくお客さんの
反応がよく肉量も多く、がっつり食べたい
時には吉野家へ行けこう!と思わせる
メニューとなったのではないか!


 ◎「若年層をターゲットにしていたが…!」

 今回に「超特盛」のターゲットは
若者層を想定していたが、結果を見ると
30~40代の男性もたくさん食べている
データーが出ていたそうだ

 ちなみに価格は、並盛よりも400円
高く、今まで一番大きいサイズの特盛
よりも100円高い価格となっている

 「超特盛」の肉量は220g_特盛の2倍
であり、ごはんは320gで大盛と特盛と
同じ量であるそうだ、また、総カロリーは
約1100kcalとなる!


 ◎「超特盛専用のオペレーションとは!」

 「超特盛」という新メニューができた
ことで従業員に負担を掛けないように
吉野家では実は「超特盛」専用の
オペレーションもあるようだ

 例えば「どんぶり」は特盛と同じ
モノを使用したり、また「盛り付け」は、
大盛りの肉盛りを2回繰り返すだけで
カンタンにできるようにしているそうだ

 だから「超特盛」を頼んでも、従来の
メニューと同じスピードでお客さんに
提供することができるようになっている
ようだ!

 
 ◎「超特盛は吉野家の原点回帰である!」
 
 今回の「超特盛」の新メニューで
吉野家の業績が一気に好調になったのは
原点回帰の要因が大きかったのでは
ないかと言われている

 これからも牛丼をもっともっと
磨いて行こうとする表れであり、やっぱり
牛丼といえば吉野家だと再認識された
ことは今回の「超特盛」は大きな収穫だった
のではないだろうか!




スポンサードリンク




 
 

タグ:吉野家
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。