So-net無料ブログ作成

「東京ガスが異業種ビジネスに参入したワケとは!」 [マインドセット]

 東京ガスが、本業とは大きく
かけ離れた異業種ビジネスに
参入しているそうだ!
 それは食品などの破棄が
迫っている「見切れ品」専用サイト
を始めたそうである!
 なぜ大手都市ガスメーカーが
「見切れ品」専用サイトという
異業種ビジネスに参入したのか!
 そのカラクリとは!




スポンサードリンク


 



 ◎「“見切れ品”専用の通販サイトとは!」

 大手都市ガスメーカーの
東京ガスが、異業種である食品
などの破棄が迫っている「見切れ品」
専用サイト「SynaBiz」の通販サイト
をスタートした

 この「見切れ品」専用サイト
「SynaBiz」を運営しているのが、
東京ガスのベンチャー企業である

 このサイトでは「見切れ品」が
定価の2割~8割引きで有名ブランド
メーカーのモノが購入することが
できるそうだ

 なぜ東京ガスが、本業とは大きく
かけ離れた異業種ビジネスに参入
したのか!


 ◎「“見切り品”サイトに商機を!」

 2年前の2017年4月から規制緩和
でガスの小売が、全面自由化となり
多くのプレイヤーたちが、東京の
管内でガスを販売できる状況になった

 現在までに約85万人ほどの東京
ガスの顧客が流出したそうである

 そんな東京ガスが、流出した
顧客を取り戻すために「見切れ品」
専用サイト「SynaBiz」をスタート
したワケである

 しかし、なぜ「見切り」専用サイト
なのか!


 ◎「通販サイトでお客さんと繋がる!」

 東京ガスの顧客には、以前から
メーカーや工場との多くのつながり
があり、そこで今、社会問題となって
いる食品ロスや廃棄処分するモノが
増えている問題を抱えていた

 これを東京ガスとしはビジネス
チャンスと捉えて自社で「見切れ品」
専用サイトを立ち上げて、ここで廃棄
処分する商品を引き取りしたり、また
販売できるとアピールしたようである

 その結果、従来のように契約が
スムーズに継続されるようになった
そうだ

 この通販サイトを活用することで
多くのメーカーや工場とつながる
ことができ、大型の法人契約や一度
離れた顧客を取り戻すことできる
ようになったそうである

 さらに、個人消費者に対しても、
「見切り品」の購入額に応じて
独自のポイントを付与したりして、
東京ガスへの契約の乗り換えする
促すキッカケにもなっているようだ

 こうして東京ガスから流出した
約85万人を顧客を徐々に取り戻す
ための長い道のりの第一歩が
スタートしたのではないだろうか!




スポンサードリンク




 


タグ:顧客脱却
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。