So-net無料ブログ作成

「すべての商品が店内でイートインが可能な阪急オアシスとは!」 [アイディア]

 先日、大阪・福島区に阪急オアシス
の新たな業態のスーパーマーケットが
オープンした!
 特徴は、店内で販売しているすべての
商品がイートインが可能であるそうだ!
 また、スーパーで買ったものをそのまま
食べることができるので夕方サラリーマンが
ちょっと帰りがけに「ちょい呑み」なども
可能である!
 さらに阪急オアシスでは、フツーの
スーパーとは一線を画するような新たな
戦略がまだあるようだ!その戦略とは




スポンサードリンク


 


 ◎「次世代型スーパーマーケットが登場!」

 先日、阪急オアシスが新たな試み
としてイートインスペース「KITCHEN &
MARKET」を大阪・福島区にオープンした

 一見1Fは、フツーのスーパーのように
見えるが、実は2Fでは、1Fで販売している
商品(お弁当やお惣菜など…)全部が、
こちらのコーナーですべて食べることが
できるようになっている

 イートインができるスーパーマーケット
として新たな業態で展開しているそうだ

 もちろん店内にはお酒売り場もある
ので、購入すれば持ち込み可能となる

 利用する際は、一般的なテーブルチャージ
などは一切かからないようである!


 ◎「唯一無二!焼肉が楽しめるスーパー!」

 さらに一人焼肉のコーナーも設けて
いるそうで、お肉も1~2人前ぐらい
のちょうどよい量の焼き肉用の具材
を販売しているので、店内で焼肉を
買って食べて楽しめるスーパーは、
おそらく日本ではココだけではない
だろうか

 また、お肉の価格もスーパーなので、
焼肉店で食べるよりもかなりリーズナブル
に利用ができる

 このような充実したイートインコーナー
だけでも他店のスーパーより勝っている
のが、さらにその他にも新戦略がある
そうだ!


 ◎「飲食店の来た人をスーパーの客として獲得!」

 実は、新戦略というのは唯一無二
のイートインコーナーだけではなく、
店内の外にあるウラ通りには
「ふくまる通り」があり、そこは
従来の高架下のお店と今回新しく
できた新商業施設が融合する形で、
阪急オアシスが新たに通りを
作ったようである

 通りを進むとスペインにある
バルのようなイメージのスペース
があり、ここも阪急オアシスの
一部となっている

 新戦略とは、飲食店に来た人を
さらにスーパーのお客さんとして
取り込もうとしているワケである

 ここでの利用方法は自由であるが、
すべてセルフサービスとなっている

 スーパーで買った商品もこのバル
への持ち込みも可能となっている

 実は、午後からは主婦が多く、
お昼でもちょっとアルコールを
楽しんでいる人たちがいるようで、
その後、夕食の買い物をして帰る
人が最近では増えているようである

 この飲食店街は、朝10時から
営業しており、お昼からは意外と
お酒を飲みながら女子会をする
主婦たちを多く、帰り際に阪急
オアシスに呼び込んで、夕食の
購買につなげたい狙いがあるようだ

 なかなか思い切った戦略である
さらに店内でお寿司を外のバルで
食べることもOKらしい
 
 ここでの利用の仕方は、お客さん
の自由に使ってもらってもいいようだ

 今後、この業態が順調に軌道に乗れば
どんどんんと展開する予定らしい

 将来的には、従来のスーパーマーケット
の領域以外のお客さんにも使ってもらう
ようにさらに工夫していくそうだ!





スポンサードリンク




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。