So-net無料ブログ作成

「小型化・専門化するフィットネスクラブが増加しているワケ!」 [スキル]

 フィットネスクラブの施設数の
推移は、年間約300店舗ぐらい
ずつ増加しているそうだ!
 さらにフィットネスクラブ
自体も小型化や専門化に特化する
ことで新規出店の勢いが止まらない
ようだ!
 こうした増加し続けている現状
には、どんなフィットネスクラブ
戦略のカラクリがあるのだろうか!





スポンサードリンク


 

 ◎「多様化するフィットネスクラブ戦国時代勃発!」

 フィットネスクラブは、昔比べて
大型店舗が少なくなり、代わりに
小型化されたパーソナル型が多く
なってきている傾向がある

 その分フィットネスクラブ自体も
多様化し、お客さんのニーズに
合わせた専門的に特化したメニュー
で会員を集めているようだ

 現在は、オリジナリティある
個性をだしているフィットネスクラブ
に注目されている!


 ◎「なぜフィットネスクラブは小型化したのか!」

 いわゆるフィットネスクラブが
一般化したのは、1980年代であり、
スタジオとマシンとプールの三種の
神器と言われる時代があった

 フィットネスクラブをオープン
するためには、大きな初期投資が
必要であったが、時代と共にその
業態は変化していった

 ユーザー側としては、今までの
標準的なサービスだけでは、満足
できなくなり、新しい刺激的な
メニューを求めたり、利便性の
高いメニューを求めたりして
ニーズが分散化し、多面化して
いったようである

 企業側としても、やはり2~3年
ぐらいで投資を回収できる小型の
フィットネスクラブを作った方が、
経営上のリスクも少ないし、
ユーザー側にも小まめに対応が
できるように変化していった!


 ◎「特化した高地トレーニングジムの場合!」

 駅から徒歩2分、ビルの一室に
「高地トレーニングスタジオ30peal
芦屋」では、密閉された部屋の
空気は、酸素が2割ほど薄くなって
いるところでランニングマシンで
ひたすら走るトレーニングが人気
なスタジオがあるようだ

 ここのウリが、駅前に居ながら
富士山5合目の高さと同じ酸素濃度
で高地トレーニングが体験できる
ことである

 心肺機能に負荷がかかるため
30分ぐらいのランニングマシンで
走るだけで汗だくになる効果が
あるそうだ

 こうした時間を取れない人の
ために特化してメニューでお客さん
を呼び込んでいるトレーニングジムも
最近の傾向でもあるようだ!

 ちなみに月会費_4回で
1万2000円税別となっているそうだ!




スポンサードリンク







タグ:パーソナル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。