So-net無料ブログ作成

「世界初!スペースデブリの回収ビジネス時代が到来!」 [ニッチ]

 近々、世界初!スペースデブリ
・宇宙ゴミの回収ビジネス時代が
到来するようだ!
 実は、スペースデブリとよばれる
宇宙ゴミが、地球の周りに増えすぎて
誰がこれらを回収するのか?を
国連で大きな議論となり問題となって
いるそうだ!
 そこで日本の下町ベンチャー企業
が名乗りを上げて、2020年初旬に
向けて進行しているらしい!
 そんな壮大なスペースデブリ
の回収ビジネスとは!
 一体どのように回収するだろうか!




スポンサードリンク


 


 ◎「誰がスペースデブリを回収するのか!」

 そもそも現在、地球の周りには
スペースデブリ・宇宙ゴミの数が
10cm以上のモノが2万個、1ミリ
以上のモノが1億個以上あり、
このまま増え続けると、十数年
以内には、宇宙空間が利用できなく
なると言われている

 また、スペースデブリ自体が、
すごいスピードで飛んでいるので
なかなか回収が難しいようだ

 しかし、放おっておいても
基本的にはスペースデブリは、
全然なくならないようである

 誰かがスペースデブリを回収
しないことには、なんの解決にも
ならない

 ちなみにスペースデブリを最も
多く出しているのは、米・露・中の
ビック3と言われている

 そこで日本の「アストロスケール」
というベンチャー企業が、スペース
デブリの回収に名乗りを上げたそうだ!

 
 ◎「スペースデブリの回収ビジネスとは!」

 東京・墨田区にある「アストロ
スケール」という会社は、2013年に
創業、従業員60名以上、これまでに
すでにスペースデブリの回収のために
100億円以上の資金を調達しており、
2020年初旬ころに最初のスペースデブリ
回収を目指しているそうだ

 世界で誰もやっていないスペース
デブリ回収を成功すれば、世界中から
受注がくることになりビッグビジネス
へとなることは間違いないだろう!


 ◎「どのようにして回収するのか!」

 現在、スペースデブリ回収の
小型人工衛星「ELSA-d」を開発中
である

 回収方法は、カンタンにいうと
小型人工衛星に強力な磁石を使って、
スペースデブリを捕獲し、そのまま
人工衛星と共に大気圏に突入して
焼却する予定だそうだ

 ちなみこれから打ち上げる人工衛星
には、磁石がつくプレートを着ける
ことを国際標準ルール作りも同時に
進めているようだ

 さらに既存のスペースデブリの回収
方法も現在研究中らしい!


 ◎「スペースデブリは宇宙版JAFのようなもの!」

 このようにアストロスケール社が、
これからやるスペースデブリの回収は、
宇宙版JAFみたいな故障した車を
レッカー車で回収するようなサービス
なのかもしれない!

 スペースデブリの回収に関しては
様々な問題があるが、ビジネスとしては
ブルーオーシャンなので、これからは
大きなビッグビジネスへと展開して
いくのではないか!

 しかしながら、本来ならば、もともと
スペースデブリを出したビック3の
米・露・中が自主回収するべきでは
ないだろうか!



スポンサードリンク






タグ:宇宙ゴミ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。