So-net無料ブログ作成

「原価率70%でもいきなりステーキが儲かっているワケ!」 [マジ]

 勢いがとまらない人気のいきなり
ステーキ店であるが、肉の原価率が
70%ぐらいでもお店が儲かっている
ワケとは!
 いきなりステーキの非常識な
経営哲学とは!どんなカラクリが
あるのだろうか!




スポンサードリンク


 



 ◎「あっちこっちにいきなりステーキが!」

 いきなりステーキを運営しているのが
ペッパーフードサービスであるが、たった
4年4ヶ月ほどで、現在250店舗を展開中
である

 しかも、創業以来今までに1店舗も閉店
したことがないようだ

 どの店舗もお客さんで満席状態の大盛況
である!

 そんなずっと右肩上がりのいきなりステーキ
の人気のヒミツとは!


 ◎「いきなりステーキはなんで安くてウマいのか!」

 いきなりステーキのお肉の原価率が
70%ぐらいで、フツーの飲食店での
原価率が35%ぐらいと比較しても、
非常識な原価率である


 やはり特徴的なのは、いきなりステーキ
は、とことんお客さんのためにお肉に
お金をかけているワケである!


 ◎「お肉以外のコストは徹底的に下げる!」

・1.「とことん回転率を上げる!」
_過去にある店舗では一日で最高17回転した
 ことがあったそうだ、その日の売上が
 127万円で全店舗のなかで、最高売上を
 記録したそうだ!

・2.「お肉は表面だけをさっと焼くだけ!」
_回転率をアップするために編み出したのが
 お肉は表面だけをさっと焼いて、あとは
 300度の鉄板プレートに乗せて出して、
 お客さんが好みの焼き加減で食べてもらう!

_厨房でそうすることで焼く時間を時短
 することができる!

・3.「業界初の立ち食いスタイルを確立!」
_ステーキ業界初の立ち食いスタイルを
 はじめた、これならお客さんは食べた後に
 まったりとしないで、さっさと会計を
 済ませて回転率がアップすることになる!


 ◎「いきなりステーキの勢いとまらない!」

 いきなりステーキは2015年にスタート
したときの売上は19億円だったが、2017年
には270億円となり、今年はさらに200店舗
出店する予定でますます売上がアップが
見込まれる

 まだまだ、いきなりステーキの勢いは
とまらないようで成長し拡大し続けて
いくのではないだろか!



スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 


  
タグ:原価率
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。