So-net無料ブログ作成

「図書館での処分される除籍本を有効活用するある方法とは!」 [ニッチ]

 大阪・阪南市立図書館では、廃棄・処分
される「除籍本」をある方法で有効活用
するようになったようだ!
 全国のどこの図書館でも悩みの「除籍本」
の解決策となるのではないかと言われて
いる画期的な得策とは!そのカラクリとは!


スポンサードリンク


 



 ◎「知られざる図書館の除籍本とは!」

 図書館には毎年新しい本や雑誌などが
入ってくるが、その反面には「除籍本」と
言われている10年以上読まれていない本
や役目を終えた本などを処分しなくては
いけないようだ

 限られた図書館の棚スペースでは、
こうした「除籍本」を処分して、また
新しい本の入れ替えが行われている

 一般的に「除籍本」は、資源回収などの
古紙再生として廃棄・処分されてるそうだ

 われわれのようにブックオフやネットへ
出品などは、図書館では法律上において
ご法度になっているようである

 しかし、阪南市立図書館では、ある方法
で「除籍本」のリサイクルを行われている!


 ◎「除籍本を有効活用する方法とは!」

 大阪・阪南市の市民団体「リサイクルブック・
つながり」を利用することで、図書館で廃棄・
処分される「除籍本」を有効活用することが
できるようだ

 仕組みは、図書館から「つながり」へ
譲り受けた小説やマンガや絶版になった本や
専門書などのさまざまなジャンルの
「除籍本」を、すべて価格100円以下ぐらい
のリーズナブルな価格で売られている

 現在、開始から4ヶ月ほど経って
収益が9万円ほどとなり、この収益を
使って「つながり」から図書館へ雑誌を
3種類、定期的に寄贈する予定になって
いるそうだ

 基本的には売り上げで得たお金で新しい
本を購入し、図書館や学校なの寄贈する
仕組みになっている!


 ◎「販売会は毎週200人ほどが訪れる盛況ぶり!」

 「リサイクルブックオフ・つながり」は、
去年9月からスタートして、毎土曜日に
販売会を行っており、毎週200人ほどお客さん
が訪れるほどの盛況ぶりである

 「除籍」で処分された本もこういった
形で生かされるのはよいことである

 メンバーは現在40人ほどおり、週一回
メンバーが集まり、本の値付けや整理を
行なっている

 やはり狙いとしては、本は無料ではく、
たとえ10円でもお金を払って自分で本を
選び買うことで、少しでも本を大事にして
もらえるのではないかを考えているようだ!
 

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 




 
タグ:廃棄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。