So-net無料ブログ作成
検索選択

「ナノテクノロジーの進化で体内で薬剤を作れる時代へ!」 [ニッチ]

 科学技術の進歩でナノテクノロジー分野
が進化していくと、自分の体内で薬剤が
作れる時代がやって来ているようだ!
 2045年には人工知能が人間を追い抜き
これからの科学技術も加速度的進歩する
だろうといわれている!
 現在のナノテクノロジー分野の進化とは!
進化することによってどう変わっていくの
だろうか!



スポンサードリンク


 



 ◎「人工分子システム分野がスゴイ!」

 2045年には科学技術が加速度的に進歩すると
米のカーツワイル氏が提言しているが、実際に
色んな分野で「加速度的進歩」の事例が起こって
いる

 例えば、DNAをつかった「人工分子システム」
の研究を行っているところでは、現在その能力速度が、
3年で2倍になっている状況になってきている
そうである!

 「人工分子システム」とは、細胞より小さい
分子ロボットのことで、これにコンピュータ機能
を搭載して細胞の中でこのロボット自身に働かせる
ことが出来るようになる!

 
 ◎「分子ロボットを使った治療方法とは!」

 例えば、糖尿病の患者さんで、必要であれば
必要な量だけのインスリンを出させることが
可能に糖尿病治療として利用される!

 要するに糖尿病患者さんのカラダに分子ロボット
を入れて自ら糖の血中濃度を観測して、必要であれば
インスリンを放出することが可能になる

 最終的には、その細胞自体がなんらかの科学的な
反応でインスリンを自分でつくるというのが一番
最終的な目標となるそうだ!

 
 ◎「遺伝子工学で老いも病気も克服!」

 人間の病気も寿命でもこれから20~30年ぐらいで
格段と進化するといわれいる!

 医療分野で近年加速度的進化しているのが
遺伝子工学でゲノム(遺伝子)解析し、それを
組み換えることで病気を克服する

 ガン治療もこのゲノム解析を使えば、がんの
根治が視野に入ってきているようだ

 がんはこれからは怖くない病気となり
がんの治療法自体も変化していくことになる

 さらに、人類の永遠の夢でもあった老いも
ゲノム解析によって克服されかもしれない!

 100年分の進歩がこれからは1日で達成される
ような時代に我々人類は目の前にしている!



スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 



タグ:不老不死
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました