So-net無料ブログ作成

「疲れが溜まってしまうやっていはいけない寝方とは!」 [脳科学]

 夏本場になるとどうしても眠不足気味になり
疲れが徐々に溜まってしまう!
 そんな疲れが溜まってしまうやってはいけない
寝方があるそうだ!
 その寝方をしないだけでも疲れのたまり具合
が大きく左右するらしい!
 日頃から疲れが溜まらない寝方のカラクリとは!



スポンサードリンク


 




 ◎「仰向けの寝方はNGである!」

 比較的に日本人で多い寝方が、仰向きで寝る
寝方であるが、これは疲れが溜まりやすい寝方
なのでやめておいたほうがいいらしい!

 理由として、仰向けで寝ると自分の舌が抑え
つけてしまうことで、どうしても気道が狭くなり
呼吸困難や酸素不足の状態になりやすく、結果
血流が低下し血圧や心拍数が上がってしまう
ようだ!


 ◎「オススメが横向きの寝方!」

 横向きで寝る方が、仰向けで寝るよりも舌で
気道を圧迫する恐れがないので、いびきや無呼吸
症候群が軽減されてれるようである

 また、向きで寝ることで腰への負担も軽くなり、
オススメの寝方である!


 ◎「左向きと右向きの寝方でも疲れ方が違う!」

 意外と寝る向きによっても疲れ溜まり具合が
違ってくるようだ

 これは注意するポイントが、胃の出口の向きで
ある!

 フツー胃の出口は右下にあるので、寝るときは
右下にして寝ると胃の出口が下になるために消化が
しやすくなるようだ

 また逆に左向きに寝てしまうと食べ物がスムーズ
に胃の出口へ流れにくくなるために消化不良が起き
やすいなるので注意したい

 さらに左側にある心臓への負担も少なくなり
リラックスした状態になるようだ!


 ◎「アツいお風呂に浸かるのはNG!」

 よく入浴の際はアツいお風呂に入るとグッスリ
とよく眠れるという話があるが、あれはNGである
そうだ!

 アツいお風呂に浸かると汗をかく、そうすると
自律神経が高まり運動している状況と同じことが
起こっていることから、逆効果になっているので
アツいお風呂は控えたほうがよい

 また、温泉に入ると疲れてがとれてよく眠れた
という話もよく聞くが、これも実は、もともと
疲れているカラダが、アツい温泉によって
さらに疲れてしまったから、グッスリと眠れた
という勘違であるらしい!

 これからしばらく寝苦しいアツい熱帯夜が続く
けれども、意外と間違った寝方を改善するだけでも、
疲労感が和らぎ快適な日常生活が送れるのかもしれない!



スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 


 
タグ:疲労感
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました