So-net無料ブログ作成
検索選択

「建物を壊さずに丸ごと移動させる日本伝統の曳き家とは!」 [スキル]

 日本には「曳き家」と呼ばれる職人技で建物
を壊さずに丸ごと移動さることができる伝統的に
今でも職業としてあるようだ!
 最近の近代建築の傾向として古くなったら
取り壊し、すぐに新しい建築物を建てるという
傾向が強い!
 そんな「曳き家」の存在とは、現在では
どのような存在なのであろうか!さらに驚きの
匠の技でなんでも移動させることが可能らしい!




スポンサードリンク


 






 ◎「いかにして建物を移動させるのか!」

 曳き家は、昔から日本に伝統的にあった職業で
建物であれば壊さずに移動できるようだ!

 ★「建物を移動させるプロセスとは!」
----------------------------
1.まずは建物を地面から離し床部分を掘削する!
2.ジャッキで水平を保ちながら建物を上げる!
3.建物と土台の間にレールを敷く!
4.油圧ジャッキで建物を押して移動させる!
----------------------------
 などなど大掛かりな作業を行うようだ!


 ◎「曳き家で今までの行った建物とは!」

 数々の有名な建造物を曳き家で移動させて事例
があるようだ

・2013年11月には、「赤坂プリンスホテル・旧館」 
 を重さ5000トンある建物を8日間かけて44m移動
 させた

・2015年には青森・弘前市にある弘前城を重さが
 約400トンの天守閣を2ヶ月間かけて78m移動
 させた

 日本人の職人技が光る伝統的な曳き家で
貴重な建造物を壊さずに移動ができる


 ◎「今やコンビニにも曳き家を利用!」

 実は大手コンビニチェーンでは、コンビニにも
曳き家の技術を利用しているようだ

 コンビニなんで壊して作ればいいのでは
ないかと思われがちではあるが、費用面などは
建物を作るのと曳き家で移動させる場合と比較
するとあまり大差はないようだ

 しかし、営業する期間が、2週間ほど曳き家を
使うほうが早いようでコンビニ業界では一日でも
早く営業を始められたり、資源の有効利用など
の理由がポイントのようである

 年間で数件この曳き家を利用してコンビニを
オープンしているようだ

 
 ◎「建物であれば曳けないものはない!」

 理論上では、曳き家の技術であれば建物で
あれば曳けない建物はないようだ

 東京都庁243mや東京スカイツリー634m
やピサの斜塔57mなどでも移動が可能である
らしい

 ピサの斜塔の場合は斜めのまま移動が可能
らしい




スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 





タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました